宝飾品から食品まで、あらゆる商品を特価で販売する総合ディスカウントストアの『ドンキ・ホーテ』。長時間深夜営業の店舗が多く、 “困った時のドンキ・ホーテ” と言われるほど、とにかく品揃えが豊富で安価なのが特徴だ。

2017年6月15日、そんな『ドンキ・ホーテ』から、なんとも同社らしい4K対応液晶テレビが発売される。このテレビ、50V型の大型サイズでありながら、税抜5万4800円という激安価格だから驚くしかない。

・プライベートブランド初の4K対応液晶テレビ

その新型テレビの名前は「情熱価格 PLUS 50V 型 ULTRAHD TV 4K 液晶テレビ 」だ。ドンキ・ホーテの情報によると、同社のプライベートブランド「情熱価格 PLUS」初となる4K対応液晶テレビだという。

冒頭でお伝えした、税抜5万4800円の価格もさることながら、注目すべきは人気の液晶テレビ「REGZA(レグザ)」シリーズでおなじみの国内メーカー『東芝映像ソリューション』が開発したメインボードを採用している点だ。

これにより、ゲーム機などを接続した場合は、高画質処理を行いつつ、外部入力信号が画面に反映されるまでの遅延時間を短縮する設定に自動的に切り替わるなど、動きの速いゲームも快適にプレイできるという。

・ダブルチューナー内蔵で裏番組も録画可能

また、別売りのUSBハードディスクを接続すれば、番組表から録画予約ができるほか、ダブルチューナーも内蔵。裏番組も録画可能とのこと。一般的な機能はほぼ揃ったテレビといえるだろう。

画質や耐久性などは実際に使ってみないとわからないが、50V型・4K対応・東芝のメインボード採用・ダブルチューナー内蔵という条件で、5万円代はかなり魅力的だ。気になる方は、最寄りのドンキ・ホーテに足を運んでみてはいかがだろうか。

参照元:ドン・キホーテ「ニュースリリース」
執筆:K.ナガハシ

No tags for this post.