先週勃発した小出恵介淫行騒動。人気俳優のスキャンダルとあって、雨後の筍(たけのこ)のように色んな噂が次々と噴出し、炎は燃え広がる一方である。

注目度が高まる2017年6月14日、出社前にコンビニに行った私(中澤)は、衝撃的な文字列を目撃した。それは本日発売の東スポの1面にデカデカと書かれたタイトル「小出淫行問題国会へ」。ファ!? 国会に行っちゃった!? 気づけば私の手には東スポが握られていた。

・上西小百合議員が登場

さっそく、記事を読んでみると、なんと登場するのは上西小百合議員。現在は所属する法務委員会で、性犯罪の厳罰化や被害者のケアを訴えているという。

かつて、「国会をサボって男性秘書との温泉デート疑惑」で炎上した彼女は、歯に衣着せぬ物言いでもお馴染みだ。詳しい内容は、東スポをご覧いただければと思う。

・拡大の一途

完全に釣りかと思いきや、小出淫行騒動が本当に国会の話題で出ることもあるのかもしれない。個人的には、国会ではもうちょっと国政にかかわる話を進めてほしいものだが……。

それはともかく、ますます拡大の一途をたどるこの問題。まだまだ隠れている闇も多そうである。今後の動きを見守りたい。

参照元:東スポ
執筆:中澤星児
Photo:Rocketnews24.

No tags for this post.