恋に落ちて相手に夢中になると、いつでもどこでもベタベタ&イチャイチャしたくなるものである。

そんな爆発する恋心を抑えきれなかったカップルが、生中継中のリポーターの背後で「熱烈キス」を繰り広げ、大ひんしゅくを買ってしまったようだ。ある意味で閲覧チュー意な動画が、か~なり激しいぞ!

・生中継中のリポーターの背後でカップルが熱烈キス!

米スポーツニュースサイト『B−R』によると、PG−13(13歳未満の鑑賞に規制がある作品)指定がかかりそうなカップルの熱烈キスが激撮されたのは、北米プロアイスホッケーリーグのスタンレー・カップ決勝戦でのこと。

決戦では、ナッシュビル・プレデターズがピッツバーグ・ペンギンズを4勝2敗で下して優勝。チームの勝利を祝福してファンがお祭り騒ぎとなり、その様子を取材しに行った地元テレビ局が生中継を始めた。

・キスが止まらないカップルが激しすぎる~!!

大騒ぎするファンの浮かれ声や叫び声にかき消されそうになりながらも、リポーターが試合結果や会場の雰囲気を伝えるために、必死に実況中継を続行。そんななか、リポーターの背後に目をやると……プレデターズのTシャツとヘルメットを身に着けたカップルが、激しく唾液を交換しているではないか! 

・カップルに気づいたリポーターの顔が真っ赤に!

自分たちが生中継のカメラに写っているのを知ってか知らずか、とにかくカップルのお熱いこと! もはやチームの優勝よりも、自分たちの愛の方が大事と言わんばかりのキスだ。

さすがに背後から熱烈キスの熱気を感じたのか、リポーターが振り返り、「みんな燃え上がっていますね~!」と顔を赤らめながらコメント。続けて、「トラブルになる前に中継からスタジオに切り替えましょう」と上手くまとめて生中継を締めくくっていた。

プレデターズのファンだからかプレデター(捕食者)のごとく、むさぼりつくようにキスしまくるカップルは見ていて恥ずかしくなってしまう……。いくらラブラブでも、やはりTPO(時・場所・場合)をわきまえた愛情表現を心掛けたいものである。

参照元:YouTubeB-R(英語)
執筆:Nekolas

No tags for this post.