なにやら今、とあるオランダのサイトが話題になっている。URLは「http://fotogenerator.npocloud.nl/」で、サイトの名前は「kunstmatige intelligentie-systeem」。直訳すると「人工知能システム」となる。

一体何を人工知能で考えてくれるのかというと、ずばり「人の絵」だ。どんなヘニャヘニャな絵でも、このサイトは人工知能をフル回転させ、なんとリアルにしてくれるのだという。ということで……さっそくプロの漫画家に試してもらったぞ!

・わりとヒマな漫画家が挑戦

協力してくれたプロの漫画家は、キャリア17年目に突入のマミヤ狂四郎(まみやきょうしろう)先生、37歳である。つい最近、10年近く続いていた連載漫画『教えて!! おたく兄さん』が掲載誌の休刊によって終了となり、わりとヒマなのだという。

まずはパソコンで「人工知能システム」のサイトにアクセスし、タッチパッドで器用に適当な人物絵を描いていったマミヤ先生。その指先には、一切の迷いがない。ペンを使わずに描くとは、さすがはプロ。そして「process」ボタンを押してみると……

おおおおおおおおっ! ウルトラ適当に描いた絵が、見事にリアルになっているではないか!! 鉄腕アトムのような髪型もバッチリ再現、しかもリアルになっている。

・ここからプロの本領発揮


調子に乗ったマミヤ先生は、先述の連載漫画『おた兄』のキャラたちを、ペンタブレットで描き始めた。指で描いた絵とペンタブで描いた絵に、そこまで差がないのが少々悲しい。そして「process」ボタンを押してみると……



ぬおおおおおおっ! わりとホラーになっているが、リアルといえばリアルになっている。精神的に危うい人が描いた絵画のようにも見えてしまうが、もとからマミヤ先生は精神的に危ういので、むしろ逆にリアリティが増している。ちなみに「save」ボタンを押せば、ビフォー・アフターの画像が保存できるぞ。やってみよう!

参照元:kunstmatige intelligentie-systeem(PC専用)
協力:マミヤ狂四郎
執筆:GO羽鳥
Photo:RocketNews24.

No tags for this post.